スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
小さな龍のビネガー
フランス料理には欠かせないハーブの中に「タラゴン」があります。

育てていないので私はなかなか料理に使えませんが
久々にスーパーでこのタラゴンを発見。

「タラゴン」は肉料理から魚料理、卵やジャガイモとも相性がいいです
ただ香りが強いので使用する量は気をつけた方がよいハーブでもあります。

そしてタラゴンというと私の中では「ビネガー」が定番
というのも初めてタラゴンを使ったのがビネガーづくりだったから・笑

ということで今回は久々に「タラゴンビネガー」を作りました(^^)

でもタイトルは「小さな龍のビネガー」

なぜかというと「タラゴン」は南ヨーロッパ原産のキク科のハーブで
フランス語では「エストラゴン」
「小さな龍」という意味があるそうです。

なので「小さな龍のビネガー」なんか可愛くないですかww

タラゴンビネガー


◆◆◆◆ 小さな龍のビネガー★タラゴンビネガー ◆◆◆◆

< 材料 >

タラゴン 2~3枝
お酢(酸度5%以上のもの) 200cc
※今回は白ワインビネガー 150cc / アップルビネガー 50cc

< 作り方 >

1 ハーブはきれいに洗い水気をしっかりふきとる
  ※しっかり水気をとらないと酢が濁ることがあるので注意です

2 水気をとったハーブを軽く手でもむ

3 煮沸したビンに2のハーブを入れお酢を注ぎ入れる

4 2~3週間漬けこみハーブを取りだす

注意 漬けこんだハーブがお酢にしっかり浸かっているようにします
   しっかり浸かってないとカビの原因になるので注意です

タラゴンビネガーは3カ月ぐらい寝かせるとマイルドになって美味しいそうなのですが
今までやったことがないので今回は3カ月寝かせてみることにしました。

3ヶ月後が楽しみです(^^)

ついでに残ったタラゴンでソースを作りましたがいまいちだったので画像だけ。

タラゴンソース

タラゴンソース2


今回は鶏肉のソテーとトリカツにかけて食べてみました。
このソースは改良が必要。。再チャレンジです!


★ブログランキング参加中★
↓バナークリックして下さると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
↑他のハーブ・アロマ記事もこちらから
スポンサーサイト
【 2011/06/03 07:10 】

| 魔女の料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<被災地に癒しの香りを届ける「サシュプロジェクト」 | ホーム | 2年ぶりの梅酒づくり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sorciere2011.blog.fc2.com/tb.php/89-7d6c4198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。